e-ソリューションプラスは、「チャレンジ25キャンペーン」に参加しています。


「チャレンジ25キャンペーン」とは 
   地球温暖化という人類の生存に関わる脅威に対して、世界が立ち向かおうとしています。
   2005年2月16日には「京都議定書」が発効し、日本は2008年から2012年の間にCO2などの
   温室効果ガス排出量を1990年にくらべて6%削減することが義務づけられ、様々な対策を
   進めてきました。
         
   このような中、2009年9月、鳩山内閣総理大臣がニューヨークの国連気候変動サミットに
   おいて、我が国の目標として、温室効果ガス排出量を2020年までに1990年比で25%削減
   することを表明されました。
     
     
      これを実現するための国民的プロジェクトが
       「チャレンジ25キャンペーン」です。




一人ひとりの力を終結した、チーム力で実現しよう
   地球温暖化問題という大きなテーマに対して、私たち一人ひとりができることは何でしょうか?
    一人ひとりの力はそれほど大きくないかもしれません。でもみんなの力がチームとなって終結すれば、
    地球規模の大きな力になるのです。【チャレンジ25キャンペーン】には、そんな思いが込められています。
    レジ袋を使わないこと、エアコンの設定温度を控えること、水や電気を節約すること。身近にできる
   ちょっとしたことが、チームになれば大きな力になります。そしてその力は、確実に地球温暖化防止に
    役立つのです。大切なのはチームの力を信じて、一人ひとりができることから実践していくことです。
      
   これまでの地球温暖化防止のための国民運動「チーム・マイナス6%」から、
   よりCO2削減に向けた運動へと生まれ変わり展開するものであり、オフィスや家庭などに
   おいて実践できるCO2削減に向けた具体的な行動を「6つのチャレンジ」として提案、
   我々もその行動の実践を国民の皆様方にによびかけて参ります。
     
   
 Copyright(C)2009 e-solution plus All Rights Reserved.